さぽろぐ

旅行・温泉・観光  |その他北海道

ログインヘルプ


日々、カント ~道をひらく The Path~

2022年08月02日

北見ハス池 の巻

涼しい8月を迎えました。
気温20度に届くか届かないか。
こんなに涼しい8月頭はさすがに記憶にございせん。

新聞で見かけた北見のハス池へ。
数年前からノボリを見かけて、興味はあったものの、
何となく足を向けることもなくいましたが、
北見の帰りに時間に余裕があったので行ってみた。

国道39号から直線3Kmほどで突如到着するとそこは、、、

極楽浄土


蓮は仏教の世界で極楽の花とされていますが、
これまで、蓮の葉はよく池などで見かけることはあっても、
蓮の花をはっきりと認識したことがありませんでした。

齢54にして、初めて蓮の花を知る

蓮の径

極楽浄土へ続くのか

蕾がまた美しい


なんじゃこりゃface08
こんな世界があるなんて、という不思議な空間。

夏の盛りに18℃の涼しさと霧雨も相まって、その幻想的な蓮池から、
女ガッパが現れたとか現れなかったとか。。。  


Posted by たろ at 17:26Comments(0)

2022年07月31日

麦刈り の巻

秋まき小麦の麦刈りが始まりました。
あちらこちらの畑でコンバインが動いているのを見かけます。


畑から畑への移動時に、道ですれ違うと大迫力に圧倒されます。


麦刈りの時期は、北海道でも一番暑い時期です。
昨日今日と30℃前後。それでもかなり厚く感じます。
夕刻北風が吹いてきました。あっという間に涼しくなりました。

先日、通りがかった網走呼人のスポーツトレーニングフィールド。
あれっ ラグビーのゴールポスト立ってない。


サッカーの合宿がいくつか来るみたいです。


来年こそは、かつてのように、リーグワンのチームに
合宿に来て欲しいものです。  


Posted by たろ at 17:15Comments(0)

2022年07月27日

クマゲラ の巻

7月も終盤。
暑くてヘトヘトなんて年もありますが、
今年は今のところずっと涼しいです。
これからお盆前くらいまでが、短い盛夏のはずですが、
今年の暑さは如何に。

キョーーーー キョキョキョ 的な聞きなれない鳴き声。
窓の外を見てみると、黒いガタイに赤いアタマ。
天然記念物のクマゲラです。

クマゲラは日本最大級の啄木鳥で、
年に1,2回、カントの庭で見かけることがあります。
今年は何日か続けて、鳴き声を聞いたり、見かけるな、思っていたら、
一度に2羽見かけたと思ったら、全部で5羽見かけました。
子育ての季節ですからねえ。






リスのエサ台をつつきまくり。
アリでも食べているのでしょう。

今年は、春先、カントの林からコンコンコンコン!という大きな突く音が
毎日していました。、シジュウカラやアカゲラにしては大きな音だな~
と思っていたのですが、ひょっとして営巣していたのかもしれません。  


Posted by たろ at 16:54Comments(0)

2022年07月22日

脱皮中 の巻

涼しい7月。
早く暑くならないと、北海道はお盆過ぎれば秋風・・・
なんて言いますから。

お外を掃除していたら、カントの看板にセミの抜け殻。


よく見てみると、まさに脱皮中でした。

たくさん木があるのに、何もそこで。。。

高校以来の友人が来てくれました。
直前にPCR検査をしてきてくれたので、
おかげでゆっくりお話しすることができました。

5年ぶり4度目のカント。
子育て終了し、夫婦それぞれ趣味を楽しんでいそうでなにより。
奥さん含めて、話は尽きませんな。またの再会を。  


Posted by たろ at 16:58Comments(0)

2022年07月19日

トマップ川ひまわり の巻

夏真っ盛りを迎え、、、と言いたいところですが、
北の高気圧のおかげで、然程暑くもならず推移しています。

となると、なんとか夏を探したいということになるのです。
めまんべつトマップ川公園のひまわり。

であるわけ。(使い方あってんのかな~?)

国道39号線沿いに咲いているので、たやすく見かけます。


女満別空港や朝日ヶ丘公園のひまわりはこれから。
10月上旬まで場所と時期を変えながら咲きます。  


Posted by たろ at 20:56Comments(0)

2022年07月12日

夏の風景 の巻

小麦が色づく季節。
これから月末に向けて、加速度的に黄金色に。


畑のコントラストがくっきりと。


じゃがいもの花が咲く季節。


畑が華やぎます。


北海道の夏の風景です。  


Posted by たろ at 18:00Comments(0)

2022年07月07日

てんとらんどウォーキング の巻

網走天都山の道立オホーツク公園にあるキャンプ場てんとらんど
には、たまにウォーキングに行きます。
道立公園なので、敷地は広大で、周回路も大きいので歩きやすいです。

天気が良かったので、知床連山バッチリ。

知床半島方面は湾曲しているので、網走から見ると、
オホーツク海越しに知床連山が望めることになります。

北見麺屋創介の塩レモン。期間限定だったので食べてみた。

レモンの加減が流石絶妙。
塩レモンというだけに、レモンが効いてないと意味がないし、
レモンが効きすぎているとそれはまた違う。
そこのバランスがなんとも。店主さんほんとお上手。
いつも通り満足icon88  


Posted by たろ at 16:30Comments(0)

2022年07月03日

網走湖の夕陽 の巻

本州の梅雨前線が押し上げられて、
梅雨のないと言われている北海道は、
蝦夷梅雨ならぬ所謂梅雨だった先週。

そもそも蝦夷梅雨は、オホーツク海付近で発生する高気圧によって、
冷たくて湿った風が吹き込むことによって起こるとのことで、
本州でいうところの梅雨とは異なります。

北海道にいらないです。本当の梅雨。笑

小麦が色づいてきました。めまんべつメルヘンの丘。



網走湖の夕陽。


キャンパーの人たちが、気持ちの良い夕刻のひと時を
過ごしていました。こんな夕陽はたまらないでしょう。  


Posted by たろ at 21:59Comments(0)

2022年06月28日

やまぼうし の巻

5月好天、6月曇天が特徴的だったこの春。
近所のおばさんが今年は花付きが良いと言っていた。

2Fベランダから庭を眺めると


やまぼうし。確かに今年は花付きが良い。


ミズキ科というだけにハナミズキの近縁。
元はと言えばハナミズキを植えたいと思ったのですが、
北海道では厳しいということで、より耐寒性があるヤマボウシを。
北限は札幌とwikiに書いてあったけれど、ここ女満別はもう少し北。

植えて10年。年々、鈴なりに。


花言葉は「友情」。
溢れんばかりの鈴なりの「友情」と言ったところでしょうか。  


Posted by たろ at 16:44Comments(0)

2022年06月27日

夏毛 の巻

気づけばもう6月も下旬。
一年の半分が終わるなんて早すぎます。

やってきたエゾリス。


毎年思うのですが、夏毛のエゾリスはボディーラインがリアル。


冬毛の方がフサフサしていて可愛らしいけれど。


そんなことは知ったことではない、とエゾリスに言われそうです。  


Posted by たろ at 18:36Comments(0)

2022年06月24日

6月の曇天 の巻

曇天続きの6月。
北海道で一番いいのは何月って聞かれたら、
6月って答えることも多いと思いますが、今年は曇天多いです。
お天道様は思い通りになりません。

色づき始めた小麦畑。




いつもの店に行ったら、混んでいたので、はじめての店に行ってみた。

歳には勝てません 笑  


Posted by たろ at 18:20Comments(0)

2022年06月09日

ひさしぶりの の巻

10日ほど曇天、冷涼が続きましたが、久しぶりの青空。
6月の空って、本来こんな青空が似合います。

めまんべつメルヘンの丘も、勿論青空が似合います。


北海道旅行のお客様が増えてきました。
道の駅の駐車場の車の数も増えてきました。
青空が続くといいです。

畑にはトラクターが似合います。

畑も久しぶりの青天に忙しそうです。  


Posted by たろ at 18:44Comments(0)

2022年06月01日

芝のエアレーション の巻

先日、恵みの雨と思ったら、ずっと曇天。
これは「リラ冷え」に違いない。オホーツク海高気圧が北海道に
近づいて、冷たい空気を流し込む。まさに所謂「リラ冷え」。
この時期、この「リラ冷え」という季語を気象予報士は言いたいハズ。
素人の私もなぜかこれ「リラ冷え」って毎年言いたいのは、
「リラ冷え」という言葉の響きに何か心惹かれるものが
あるのではと思っています。

ナナカマドの花が咲いています。

白い花は綺麗です。

雨が降って地面も少し緩んだので芝の手入れを。
まずは目土をしますが、広いので、ほんのちょっとだけ。
意味があるのか分からないですが、地力の足しになれば。

その後、芝のエアレーション。

えっちらおっちら、、、ちっとずつ歩きます。

スパイクで芝に穴をあけて、芝の根を切ったり、
土に空気を通しやすくして、芝の状態を良くしています。

スパイクを踏み込んで引っ込抜く繰り返しは結構疲れますicon10

この後、雨の前を狙って、芝の肥料を蒔こうと思います。  


Posted by たろ at 20:47Comments(0)

2022年05月29日

石田さんチ の巻

もう3週間くらいなかったかも。久しぶりの雨。
畑にとっても、カントの芝にとっても恵みの雨。

うっとおしい天気に見えますが、緑は喜んでるように見えます。

テレビでお馴染みの大家族・石田さんチのお母さんが、
町に来て、STVのラジオ公開録画と講演会をするとのことで、
なぜかテレビの録画を保存版にしているほど、
子供もボクも好きなので、(生)石田さんチの千恵子さんを見たくて、
大空町教育文化会館に行ってきました。


町外から来た人の方が多いほど、盛況でした。
テレビでは知らないことも話されたりしていて。
撮影禁止の為、チラシ。


テレビのまんまの活力のある方で、その時その時を懸命に
生きておられる感じがよく分かりました。
実物はテレビよりほっそりされていて、綺麗な方でした。  


Posted by たろ at 11:14Comments(0)

2022年05月26日

しばざくら の巻

大空町の花と言えば、
春先の水芭蕉、夏の向日葵、そして5月の芝桜。

毎年、町から無料入場券をもらっているのですが、
そろそろ行っておかないと。


昨年の干ばつでちょっと調子が良くないと噂を聞いていましたが、
やはり今年は株が少なくなっていたような感じです。
おばさま達の這いつくばっての丹念な作業で、
きっと来年は良い状態に持っていってくれそうな気がします。

それでも平面はやはり綺麗です。


しばざくらの額装。

モデルがよければもっといい絵になるハズ!  


Posted by たろ at 19:19Comments(0)

2022年05月24日

14周年と24周年 の巻

エゾハルゼミの涼やかな鳴き声の割りに
気温高めの5月。
そろそろ雨の欲しい農家さんの畑とカントの芝生です。

5月24日はノーザンロッジカントの14周年記念日。

2008.5.24 最初のお客様は、会社時代の先輩ご夫婦でした。
今年の記念日は、たまたま平日に2組のお客様。
なかなかすっきりと旅行のお客様が戻ってこない中、
ありがたいことです。

今年は春に破風の板金化と外壁の塗装をしたので、
まるで外観が新築?のごとく綺麗になっています。言いすぎか。。。

世の中いろんなことが渦巻いていますが、15年目のシーズンも、
いつも通り地に足をつけてしっかりやっていくと、気持ちを新たに。

ということは、その前日は24周年の結婚記念日ということで、
来年は銀婚式かと、ビックリ卒倒しそうになったり。

ささやかなひと時にささやかなケーキ。

もともと、華やかな生き方はしたことないけれど、
どんどんいろんなことがささやかになっていってるような 
どうでしょう 笑笑  


Posted by たろ at 20:51Comments(0)

2022年05月23日

ライラック の巻

札幌ではライラックまつりが行われていますが、
カントの庭にもライラック。


ライラックは冷涼な気候を好むとのことで、
北海道の気候に適しています。
紫のライラックの花言葉は「恋の芽生え」「初恋」。


和名は紫丁香花というだけあって、香りのよい花です。
「リラ冷えの街」でいうリラは、フランス語らしいです。
今のところ、温かいです。リラ冷えはこれからでしょうか。

カントのシンボルツリー桂の木はすっかり新葉が緑になりました。

聞くところによると、樹齢80年位らしいです。  


Posted by たろ at 18:33Comments(0)

2022年05月17日

保存食 の巻

ここ最近、ずっと晴れてるような気がします。
いわゆる、五月晴れな日々。

車止めや、玄関先のベンチ、土間前のテーブルとベンチを
塗装してみたり。
これらと玄関ドア、柱はウォールナット。
ちなみに板壁や看板はサドリンクラシックのアイリス。

ツルニチニチソウ。

草高低く、繁殖旺盛で、他の雑草が生えないので、好きです。

オオバナノエンレイソウ。

北大の校章にもなっている、北海道の春の草花の代表格。
こちらも意外と繁殖旺盛で、毎年、花の地帯が増えていっています。

花より団子ではありませんが、自分の好きなものを保存食に。

行者ニンニク醤油漬けと新生姜の甘酢漬け。

夕刻のカント。

風が心地よかった。  


Posted by たろ at 22:26Comments(0)

2022年05月16日

芝刈り初戦 の巻

雨の少なく、穏やかな今日この頃。
農家さんは少し困ってそうです。

樹々の花が移り変わっていきます。
姫リンゴ。秋には実がなります。


サクランボ。きれいな花が咲きますが、なぜか実がなりません。


木は生き物。長年、こういうところに住んでいると、
木を植えることより、木を切ることの方に苦心します。
 
一番芝は綺麗だな~ なんて思ってたら、
半月ほどで芝は伸びて、タンポポの季節になり、
綿毛満開になるのが嫌なので、今季初めて芝刈りします。


今年も適当ーな芝の管理のスタートです。  


Posted by たろ at 17:01Comments(0)

2022年05月10日

車庫作業 の巻

20℃超えの外作業日和。
まずは道路っぷちのゴミ拾いから。いわゆる冬垢一掃清掃的な。

次に車庫の整理を始めます。
先日使った塗装作業の後片づけをして、
除雪機を車庫の奥に。除雪機のガソリンを抜いておきます。

芝刈機と乗用草刈機を前に出してきて、
オイル交換して試運転。まずは順調に動いてよかった。

次に、車2台のタイヤ交換。
最後に野球ネットを組み立てて、終了。

GWのエゾリス。




よく食べます。  


Posted by たろ at 18:32Comments(0)