さぽろぐ

  旅行・温泉・観光  |  その他北海道

新規登録ログインヘルプ


2017年06月20日

やまぼうし の巻

今日は完全オフです。
そんな日は、草刈正雄になります。
前庭、横庭、裏庭、道路取り付け、、、



草刈正雄は窓ふきもします、ハチの巣退治もします。
そんな完全オフです。

やまぼうしの花が咲きだしました。

たくさん咲いています。大きくなってきたのはいいけれど、
枝ぶりが今一つ。はたしてどのように剪定すればよいものか。

庭の奥のプンデンストウヒ。

こちらは枝ぶりがよく、乗用草刈り機で枝の下を通れるほどに
大きくなってきました。たくさん植えて、残っているのは4,5本。
銀色っぽい風合いがかっこよいです。


作業を終えて、草刈正雄は疲れを癒しますicon88
  


Posted by たろ at 22:52Comments(0)

2017年06月18日

美幌ラグビー祭 の巻

3週間ぶりの週末の晴れ。
不思議と美幌ラグビー祭の日は晴れることが多いです。
ラグビーの神様のご加護でしょうか。

帯広RS、遠軽RS、旭川RS、スピリッツオブオホーツクJr.
オホーツクブルーJr.そしてホストチームの美幌ラグビー少年団。
道東地域のラグビースクール、少年団が一堂に会して。

子供達頑張りましたが、練習でやってることがやり切れなかったり、、、
一進一退を繰り返しながら前に進んでいきます。

その前日の土曜日は中体連のファーストステージ。
1年経つのは早いなぁ~。
やっぱり活躍するのは3年生。思いの強さが粘りに出ました。


もうひと月、3年生と一緒に野球ができます。  


Posted by たろ at 22:17Comments(0)

2017年06月13日

やっと晴れた の巻

リラ冷え、蝦夷梅雨、、、
色々と表現はありますが、初夏のこの時期、寒い日の続くことが。
大抵はオホーツク高気圧が冷たい湿った空気を
送りこんでくることが要因です。
やっと晴れました。気持ちの良い天気が続きそうです。

大空町めまんべつメルヘンの丘。

やっぱり青空が似合います。

ようやく晴れた朝、やってきたのはエゾリス君。



15分ほどお食事していかれました。

この時期、比較的時間に余裕のある熟年のお客様が多いのですが、
若いお客様も。ジューンブライドですね。
5月末からこちらが分かっただけで3組の新婚旅行のお客様が。
幸せのおすそ分けをしてもらってます。
みんな若いのに落ち着いていらっしゃいます。
  


Posted by たろ at 17:48Comments(0)

2017年06月11日

Tシャツ の巻

なかなかの寒い日が多いです。
週末天気のぐずつく周期。そろそろ変わるかな。

そんな天候の中、Tシャツが届きました。
10年目にして初めて、カントのTシャツを作ってみました。


なかなかよいんでないの。


並べてみます。


なんかお店の人になったみたい。。。なんて。
この夏はコレで乗り切ります。  


Posted by たろ at 22:16Comments(0)

2017年06月07日

槌音のしない宿屋は の巻

「槌音のしない宿屋は繁盛しない」シリーズ。

先日の壁付けマガジンラックはいわゆるDIYで行いましたが、
今回はスキルや部材、部品が玄人なので建具屋さんにお願いしました。

難易度◎。どこが変わったか分かる人はかなりのカント通。


難易度〇。これは分かるかも。


10年目のシーズン。まだまだカントは進化しますicon12

沖縄からのお客様にいただいたお土産。
 
前から食べてみたかった。初めて食べた海ブドウ。プチプチして好き。  


Posted by たろ at 22:04Comments(0)

2017年06月05日

世界自然遺産 知床 の巻

北海道の運動会シーズンは、毎週末、雨にたたられて
みんな困った感じ。でも、この時期のそのような天気は
織り込み済みであったりします。

お客様と一緒に知床へ。
天気の回復が遅れ、曇天。雨降ってないだけよかったかも。

斜里 天に続く道。 LET’S GO TO HEAVEN。


おなじみオシンコシンの滝。


いざ 世界自然遺産知床へ。到着時は曇天なるも


あれよあれよと雲引き青空渡り


雄大な知床連山が水面に映え、眩いばかりのオホーツクブルー。


たまらない変遷を目にすることができました。素晴らしい。

おまけの鹿肉キーマカレー。

鹿をあまり感じませんでしたが、スパイシーで美味しかったです。  


Posted by たろ at 22:04Comments(0)

2017年06月02日

ひんやり の巻

低気圧停滞気味で曇天ひんやりな日々。

こういう天気は緑が映えます。
人によってはイギリス湖水地方にも似た、、、
或いは、ドイツの農村地域、、、
或いは、北欧のなにがし、、、
たまにお客様がそのような表現をされることがあるのですが、
私行ったことがないのでよくわかりませんが、何かいい感じです。

この5月はリピーターのお客様がちらりほらり。
この冬の流氷時期に来られていた人がリピートされています。
真っ白な時期に来られて、今度は緑いっぱいの北海道を
見たくてということをおっしゃっていました。

最近たまにしかやってこないエゾリスさんがやってきました。

食うものに困ってなければ、それでいいんですよ。  


Posted by たろ at 16:59Comments(2)